instructor introduction

instructor和田華(わだ はな)

4歳からクラシックバレエを始める。
武蔵野美術短期大学卒業後、バレエ講師、舞台美術、衣裳デザイン、空間演出デザインの仕事を続ける。
ロシア国立ペルミバレエ学校日本校第1期生、クラシックバレエ、キャラクターダンス、ヒストリカルダンス、運動生理学・解剖学等、ペルミワガノワメソッドの教授法を学び卒業。
宮地楽器講師として活動の他、器械体操選手やシンガポール・マレーシアの子ども達にもクラシックバレエの基礎を指導している。

講師より一言

クラシックバレエはお子様方がダンスをする上で、動きの基礎や姿勢、ケガをしない為の身体作りに適しています。
通常レッスンでは、しっかりとした基礎、リズム感、表現力、優雅な身のこなし、身体の柔軟性、更に集中力、持続力等が得られ、また発表会では責任感やマナー、協調性、緊張の中でも力を発揮しようとする強さを学べます。とりわけバレエ特有のメイクと美しい衣裳で、輝く夢の様な舞台に立つことは格別の素晴らしい経験となります。
バレエを通して、地域の沢山のお子様とレッスン出来ることを楽しみにしております。

  • 東大和センター
  • イーアス高尾センター
  • MUSIC JOY 府中

school開講教室