instructor introduction

instructor早藤真紀(はやふじ まき)

幼少時代に新体操を経験し、音楽が好きだったことから、中学・高校と学校内のダンス部に所属。
全国大会への参加も果たし、高校卒業後はダンスに明け暮れる日々を送る。
その甲斐あって、一年もする頃Microsoft社のAnniversaryにダンサー出演が決まり、その後も数々のショーや舞台を経験し、今では特技である手話を生かし、埼玉県聴覚障害者主催チャリティイベントに参加するなどダンスと手話のコラボを目指す為新しい挑戦に努めている。

■芸暦■
・2003年7月 山咲トオル デビュー曲「真夏のハート」バックダンサー
・2005年1月〜3月 東京・大阪オートサロン ツインリンク茂木インディーカートレース『ブリヂストン』ブース ダンサー
・2013年6月 古澤巌 LIVE LOVE 祭〜続・渋谷のバーレスク〜 オーチャードホール ダンサー
・2014年9月 埼玉県PR映像『そうだ埼玉』振付 【埼玉ポーズ】考案(2019年映画『翔んで埼玉』にて使用される)
・2016〜2018年 久喜市PR映像『ワンカットワンクッキー』振付 全国広報コンクール〈広報企画部門〉受賞
・2018年度〜2019年度 埼玉県主催 手話言語条例施行における【手話普及リレーキャンペーン】埼玉県内6市を廻り、手話ダンスパフォーマンス出演

  • MUSIC JOY 神田

school開講教室